メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

親ありて

卓球選手・平野美宇さんの母 真理子さん/上 大切にした「人生の金メダル」

 山梨県・甲府盆地の南部にある中央市の卓球教室「平野卓研」。昨年、卓球の世界選手権女子シングルスで日本勢として48年ぶりのメダルとなる銅メダルを獲得し、2020年東京五輪で金メダルが期待される平野美宇(みう)選手(18)もここで育った。母で卓研の監督も務める真理子さん(49)は、真剣なまなざしでラケットを振る小中学生に球出ししながらアドバイスする。

 平野選手は3歳の時、卓球を始めた。両親だけでなく、当時同居していた祖父母も卓球経験者。自宅に1台の…

この記事は有料記事です。

残り1280文字(全文1505文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大相撲 一人横綱の稀勢の里、4連敗
  2. 日大アメフット 解雇無効求め内田前監督が大学提訴
  3. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  4. 決算予想 ライザップ赤字に グループ企業業績改善遅れで
  5. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです