メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
ブックウオッチング

『異なり記念日』 斎藤陽道さん

手話や筆談で会話する斎藤陽道さん。樹さんとは「一人の人として接している」という=木村滋撮影

 (医学書院・2160円)

息子との日常 違い超える力

 耳が聞こえない夫婦の間に、聞こえる子どもが誕生した--。写真家の斎藤陽道さん(34)がこの夏、幼い息子との日常を中心につづったエッセー「異なり記念日」を刊行した。【明珍美紀】

 「子どもを迎えてみて改めて毎日が奇跡だと思うようになった」と斎藤さん。

 長男の樹(いつき)さんは現在、2歳9カ月だ。視覚と聴覚の両方で情報を吸収しているからか、驚くほど手話を覚えるのが早いという。なかでも「好き」という言葉がお気に入り。手話では、親指と人さし指を開いてあごに当て、斜め前に出しながら指先を付け合わせると「好き」の意味になる。

 例えば、しかられてすねた後、目に涙をためながら「ごめんなさい」の気持ちを込めて「すき!」。大きなシ…

この記事は有料記事です。

残り569文字(全文904文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トランプ米大統領「まもなく最大規模の対日協定に合意する」

  2. 立花N国党首「3年後、参院議員やめ参院選出馬」 埼玉知事選敗北で

  3. 大野氏初当選 埼玉知事選 与党系との一騎打ち制す 野党共闘に弾み

  4. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

  5. 「衆院選に大きな展望」野党歓迎 大野氏埼玉知事選初当選 統一加速へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです