メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

読み解きワード

幼児教育・保育無償化決定 安全性や質が課題

 幼児教育・保育の無償化が来年10月から始まります。昨年秋の衆院選で安倍晋三首相が公約の目玉に掲げた政策で、認可保育施設に通う3~5歳児の保育料などは無償になる一方、認可外保育施設に預ける場合は上限付きの補助にとどまります。改めて政策の中身を紹介します。【阿部亮介】

年収で区別せず 3~5歳全世帯適用

 認可保育所や認定こども園など認可施設に預けている場合、0~2歳児の住民税非課税世帯(年収約250万円未満)と、年収にかかわらず3~5歳児の全ての世帯の保育料は無償になる。昨年4月時点で認可保育所や認定こども園を利用しているのは約255万人。このうち、無償の対象となる3歳児以上は約151万人に上る。

 幼稚園の利用者も原則無償となる。2015年度に導入された子ども・子育て支援新制度に移行している幼稚…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 海外高級住宅購入、ヨットクラブ会費・・・ゴーン前会長の私的流用が次々判明 日産内部調査で
  2. 稀勢の里引退会見「土俵人生に一片の悔いもない」
  3. 阪神大震災24年 石積みの「生」オブジェ灯る 宝塚市の武庫川中州で
  4. 過激ゆるキャラ「ちぃたん☆」に頭抱える高知・須崎市 「観光大使」自称
  5. 新潟 NGT山口真帆 暴行被害5つの「なぜ」 騒動謝罪から一夜、広がる波紋(スポニチ)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです