メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

読み解きワード

幼児教育・保育無償化決定 安全性や質が課題

 幼児教育・保育の無償化が来年10月から始まります。昨年秋の衆院選で安倍晋三首相が公約の目玉に掲げた政策で、認可保育施設に通う3~5歳児の保育料などは無償になる一方、認可外保育施設に預ける場合は上限付きの補助にとどまります。改めて政策の中身を紹介します。【阿部亮介】

年収で区別せず 3~5歳全世帯適用

 認可保育所や認定こども園など認可施設に預けている場合、0~2歳児の住民税非課税世帯(年収約250万円未満)と、年収にかかわらず3~5歳児の全ての世帯の保育料は無償になる。昨年4月時点で認可保育所や認定こども園を利用しているのは約255万人。このうち、無償の対象となる3歳児以上は約151万人に上る。

 幼稚園の利用者も原則無償となる。2015年度に導入された子ども・子育て支援新制度に移行している幼稚…

この記事は有料記事です。

残り1390文字(全文1740文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  4. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」
  5. 後遺症残る伊丹市職員 友の分も生き 支える側に 尼崎脱線事故14年

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです