特集

第79期名人戦

渡辺明名人に斎藤慎太郎八段が初挑戦する第79期名人戦を特集します。棋譜中継は「棋譜・対局結果」からご覧いただけます。

特集一覧

将棋

第77期名人戦A級順位戦 久保利明王将-広瀬章人八段 第3局の5

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

悲観と逸機

 広瀬が熟考に沈む。持ち時間が1時間を切った。23分の考慮で指された[後]7八とに「長くなる」と声が上がる。[後]9九角成とした局面は銀香と桂の交換で後手が駒得だが、不思議なことに先手陣の攻め方が難しい。

 戻って[後]7八とでは[後]5八金が有力だった。[先]6四歩には[後]4九金[先]同銀[後]5八とと迫り、以下[先]6三歩成[後]4九とで先手玉に詰めろがかかる。後手玉は[先]5三と[後]同歩[先]7二竜と追われても[後]5二銀で受かっており、本譜にまさった。「[後]5八金は見えていましたが、もっと読むべきでした。チャンスだったのですね」と広瀬。「[後]7八とで駒得なので、悪手を指した自覚…

この記事は有料記事です。

残り458文字(全文762文字)

【第79期名人戦】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集