メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

仙台訴訟 国、違憲性明示せず 「主要争点ではない」 準備書面提出

国の準備書面提出を受けて記者会見する原告側弁護団長の新里宏二弁護士=仙台市青葉区の仙台弁護士会館で2018年7月31日午後6時14分、滝沢一誠撮影

 旧優生保護法(1948~96年)は個人の尊厳などを保障する憲法に違反するとして、旧法に基づき不妊手術を強制された宮城県の60代と70代の女性が国に損害賠償を求めた訴訟で、国は31日、旧法や手術の違憲性について見解を示さない内容の準備書面を仙台地裁に提出した。【遠藤大志】

 原告側は旧法が「憲法13条で保障された自己決定権を侵害していた」などとし、救済法の立法措置を怠った国と国会の不作為を追及している。

 原告側弁護団によると、国側は準備書面で「被害を金銭的に回復する国家賠償法が整備されており、救済法の…

この記事は有料記事です。

残り765文字(全文1017文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. いじめを半年以上放置 広島・呉の中3下着脱がされ精神疾患
  2. 「亡き友よ 次は甲子園の優勝メダル届けるよ」筑陽学園・西舘投手
  3. 準強姦無罪判決のなぜ その経緯と理由は?
  4. 高2自殺の背景に教員らの「いじめ」があった 遺族は強い憤り
  5. 初出場の筑陽学園がセンバツ初勝利 福知山成美との競り合い制す

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです