メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
アメリカンフットボール

悪質タックル 日大出場停止解除せず 学連臨時理事会「十分な改善ない」

 関東学生アメリカンフットボール連盟は31日夜、東京都内で臨時理事会を開き、悪質タックルで今季の公式試合出場停止を科された日本大の処分を解除しないことを決めた。日大は今月末に開幕する関東大学リーグ戦に出場できずに不戦敗扱いとなり、学生日本一に21回輝いた名門が来季は初めて最上位リーグから降格する。

 関東学連は有識者による検証委員会を設置して日大が7月17日付で提出したチーム改善報告書を検証した。検証委は31日、理事会に「十分な改善がなされたとは認められない」と答申した。理事会は棄権などを除き出席した理事20人のうち17人が答申を支持した。

 記者会見した検証委の寺田昌弘委員(弁護士)は改善が不十分とした理由として、日大の経営トップの田中英…

この記事は有料記事です。

残り886文字(全文1208文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

  2. 無党派層からの支持、大野氏は6割 青島氏は3割 埼玉知事選出口調査

  3. 「県民優先、上田県政継承」で伸び悩み克服 大野氏 埼玉知事選初当選

  4. トランプ米大統領「まもなく最大規模の対日協定に合意する」

  5. 大野氏初当選 埼玉知事選 与党系との一騎打ち制す 野党共闘に弾み

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです