メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ヒバクシャ

2018夏 核なき世界願い 対話積み重ねて(その1)

夏空の下で平和への思いを語る児童文学作家の那須正幹さん=山口県防府市で2018年7月24日、森園道子撮影

 広島、長崎への原爆投下から73年を迎える。この1年、核を巡る大きな動きがあった。被爆者と連帯し、核兵器禁止条約の採択に貢献した国際NGO「核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)」がノーベル平和賞を昨年受賞。一方、今年6月には史上初の米朝首脳会談が実現し、朝鮮半島の完全な非核化へ合意した。国際情勢は予断を許さないが、被爆者は未曽有の苦しみを味わったゆえ「核なき世界」の実現を強く願う。その声に耳を傾け、伝え、未来を築きたい。【ヒバクシャ取材班】

この記事は有料記事です。

残り3384文字(全文3607文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 入れ墨 「医療行為に当たらず」 彫り師に逆転無罪
  2. 衆院内閣委 桜田氏、サイバー担当でもパソコン使わず
  3. 大相撲 一人横綱の稀勢の里、4連敗
  4. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  5. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです