メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ヒバクシャ

2018夏 核なき世界願い 対話積み重ねて(その2止)

原爆資料館の折り鶴の前で思いを語る日赤長崎原爆病院名誉院長の朝長万左男さん=長崎市で2018年7月26日、野田武撮影

日本が保有国動かす 日赤長崎原爆病院名誉院長・朝長万左男(ともなが・まさお)さん(75)=長崎市

 国連で核兵器禁止条約が採択されて1年となった7月7日、日赤長崎原爆病院名誉院長の朝長万左男さん(75)は、長崎市の爆心地公園で開かれたイベントに出席した。マイクを手にした朝長さんは言った。「核兵器保有国をどうやって条約に引き込むか、作戦を立てないといけない。日本のこともどうするか。寝られないぐらい考えている」

 122カ国・地域で採択された条約を「真の核廃絶に向かうスタートが切られた」と評価する一方、長崎に生…

この記事は有料記事です。

残り4944文字(全文5198文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ
  2. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  3. 防衛省 自衛官定年延長へ 少子化で応募減 年内に決定
  4. 徳島・三好市長 赤旗コラム盗用 市報に掲載
  5. 戦争の愚 風船爆弾に悔い 製造の経験を小説に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです