メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サハリン航路

「クレーン手配不備」で運航延期 サハリン-稚内フェリー、相手準備と思い込み

 ロシア・サハリン州と北海道を結ぶサハリン航路で、日本側代理店「北海道サハリン航路」は31日、共同運航するサハリン側との連絡ミスで運航を当面延期すると発表した。フェリーは8月3日の運航開始に向け、貨物船に積載されて稚内港に到着していたが、船から港に降ろす船上クレーンの操縦士が手配されていなかったことなどが判明。日露双方とも「相手が準備する」と思い込んでいた。

 同社は稚内市出資の第三セクター。サハリンの「サハリン海洋汽船」と、コルサコフ-稚内間を結ぶフェリー…

この記事は有料記事です。

残り256文字(全文486文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アジア大会 バスケ4選手が買春か JOC処分、帰国の途
  2. 辺野古移設 政府が遅延損害金請求検討 1日2000万円
  3. アジア大会 バスケ不祥事、4選手帰国 認定取り消し処分
  4. 西日本豪雨 あの尾畠さん、今度は広島のボランティアに
  5. 夏の高校野球 大阪桐蔭、済美降し4年ぶり決勝進出

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです