メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
サハリン航路

「クレーン手配不備」で運航延期 サハリン-稚内フェリー、相手準備と思い込み

 ロシア・サハリン州と北海道を結ぶサハリン航路で、日本側代理店「北海道サハリン航路」は31日、共同運航するサハリン側との連絡ミスで運航を当面延期すると発表した。フェリーは8月3日の運航開始に向け、貨物船に積載されて稚内港に到着していたが、船から港に降ろす船上クレーンの操縦士が手配されていなかったことなどが判明。日露双方とも「相手が準備する」と思い込んでいた。

 同社は稚内市出資の第三セクター。サハリンの「サハリン海洋汽船」と、コルサコフ-稚内間を結ぶフェリー…

この記事は有料記事です。

残り256文字(全文486文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 渡辺邦夫・幸手市長が辞職へ 広島で暴行事件

  2. ラーメン注文で生ビール5杯サービス 一風堂がキャンペーン

  3. 特集ワイド 猛暑のソウル「反日」一色と思いきや… ロウソクと太極旗、揺れる劇場都市

  4. 「エアドロップ痴漢」容疑、37歳男を書類送検 福岡

  5. 鳥獣被害に立ち向かう漫画「罠ガール」が話題 イノシシ相手に女子高生が奮闘

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです