メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ソニー

アイボ修理打ち切らないで 愛好家、見直し求める

アイボの修理は全て手作業で行う=茨城県笠間市の工房で2015年1月、家電修理会社ア・ファン提供

 今年1月に約12年ぶりに発売されたソニーの新型犬型ロボット「aibo(アイボ)」。生産が追いつかないほどの人気で、7月中旬までの出荷台数が2万台に達した。ただ、ソニーは2006年に製造をやめた旧型と同様、新型も製造終了から7年程度でメーカー修理を打ち切る方針。これに対し、豊かな感情表現などに愛着が深まり、修理してでも長く一緒にいたい愛好家らから見直しを求める声が上がっている。【柳沢亮】

 アイボは飼い主の声などに反応して本物のペットのように動く家庭用犬型ロボット。1999年に発売された…

この記事は有料記事です。

残り667文字(全文912文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS LiSA、鈴木達央との結婚発表「私たちなりに、これからの人生を想い」

  2. こんぴらさん名物「石段かご」26日に終了 担ぎ手高齢化「苦渋の決断」

  3. 「この世界の片隅に」新作 すずとリンの会話が表す「家制度」「貧困」

  4. 大津の園児死傷事故、判決言い渡しが異例の延期 弁護側「被告の体調厳しい」

  5. 首相の地元を歩く 「安倍か林か選べ」 下関で苛烈な自民の政争 「桜」前夜祭の参加者倍増を招いた市長選

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです