メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西日本豪雨

広島で緊急速報の配信遅れ システム不具合で

濁流に飲まれた広島市安芸区の市街地=2018年7月7日午前9時59分、本社ヘリから上入来尚撮影

 西日本豪雨で23人が死亡した広島市で大雨特別警報が発表された7月6日夜、防災情報共有システムに不具合が起き、多くの犠牲者が出た同市安芸区をはじめ市内全域で避難指示を市民に伝える緊急速報メールが一時配信できず、特別警報から最大40分遅れたことが分かった。市は原因の特定を急ぎ、システムを管理している委託業者が調べている。

 広島市によると、システムは77人が犠牲となった2014年の広島土砂災害を機に昨年4月に導入。気象庁…

この記事は有料記事です。

残り395文字(全文605文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「夢かなってイラストレーターになったのに…」現場に駆けつけた祖父絶句
  2. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  3. 余録 アニメーションの工程に「原画」「動画」「仕上げ」「背景画」などがあるのを…
  4. 若い女性「知らない人から灯油のような液体をかけられた」京アニ火災
  5. 公取委ジャニーズ注意 テレビ局と芸能事務所の不均衡な関係にくさび

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです