日銀

緩和継続を強調 物価見通し下方修正 決定会合

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
金融政策決定会合後、記者会見する黒田東彦日銀総裁=東京都中央区の日銀本店で2018年7月31日午後3時42分、長谷川直亮撮影
金融政策決定会合後、記者会見する黒田東彦日銀総裁=東京都中央区の日銀本店で2018年7月31日午後3時42分、長谷川直亮撮影

 日銀は31日開いた金融政策決定会合で、金融緩和の持続性を高めるため、長期金利の変動幅を広げることを決めた。金利が一定程度上昇することを事実上容認する。年間約6兆円規模としていた上場投資信託(ETF)の買い入れ額も増減を認める。今回の会合では物価の見通しを下方修正し、超低金利政策の一段の長期化が避けられなくなったため、緩和の副作用を軽減する狙いがある。

この記事は有料記事です。

残り814文字(全文991文字)

あわせて読みたい

ニュース特集