メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

岡山県

宿泊費5000円割引 観光客呼び戻す狙い

 岡山県は31日、県内の旅館やホテルの宿泊費を5000円割り引くサービスを8月3日から始めると発表した。西日本豪雨の影響で宿泊キャンセルが相次いだため、観光客を呼び戻す狙いがある。

 インターネットの宿泊予約サイト「楽天トラベル」と「じゃらんnet」を通じて予約することが条件。大人2人以上が宿泊し、料金が計1万円以上の場合に5000円が割り引かれる。サービスは9月29日まで続けるが、利用回数の上限(2000回)に達すれば途中で終了する。

 県観光課によると、県内に大雨特別警報が出た7月6日以降、約10万人が宿泊をキャンセルし、交通費や飲食代を含めた観光への影響額は約24億円に上ると推計される。伊原木隆太知事は「復興を願う方にぜひ利用してほしい」と呼び掛けている。【高橋祐貴】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 世界遺産 光のアート、幻想的に 京都・下鴨神社
  2. 中央省庁 障害者雇用、水増しか 42年間 政府調査開始
  3. 宮内庁 永久保存の公文書1冊が所在不明
  4. 浜松 市議がアダルト動画投稿 10万円利益 辞職願提出
  5. 障害者雇用 2省、水増し認める 国交、総務 手帳ない職員も算入

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです