熱中症

生活保護の60代女性死亡 札幌、電気止められ

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 北海道警は31日、札幌市西区で29日に60代の女性が熱中症による脱水症状で死亡していたと発表した。道警によると、女性は1人で共同住宅に暮らす生活保護受給者で、部屋にはクーラーと扇風機があったが、電気を止められていた。

 住宅内の別の女性が29日、「最近姿を見ない」と110番し、倒れている女性を発見。…

この記事は有料記事です。

残り52文字(全文202文字)

あわせて読みたい

ニュース特集