メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

バドミントン

3年ぶり桃田が初戦勝つ 世界選手権

 バドミントンの世界選手権第2日は31日、中国の南京で行われ、男子シングルス1回戦では銅メダルを獲得した2015年大会以来3年ぶりの出場となった第6シードの桃田賢斗(NTT東日本)がウクライナ選手を2-0で降し、常山幹太(トナミ運輸)はハンガリー選手を2-0で退けた。

 女子シングルスでは第15シードの佐藤冴香(ヨネックス)が初戦の2回戦でマレーシア選手にストレート勝ちし、3回戦に進んだ。

 混合ダブルス2回戦では第16シードの渡辺勇大、東野有紗組(日本ユニシス)がドイツのペアに2-0で勝…

この記事は有料記事です。

残り609文字(全文854文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小6女児が2日前から行方不明 大阪府警、情報提供呼びかけ

  2. 女子高校生、フェリーから飛び降り死亡 家族から不明届、警察官が保護し同行中

  3. 教諭が陸上部合宿中に女子生徒にわいせつ 兵庫・小野 教諭は行方不明

  4. わずか20分の間に…両親が当日の経緯を公表 山梨女児不明

  5. 「元の生活に戻れない」特殊詐欺で無罪確定の大学生 勾留10カ月で留年

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです