メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国

トルコ2閣僚に制裁 牧師拘束受け 同盟国へ異例対応

 【ワシントン工藤哲】米財務省は1日、米国人牧師が長期間トルコで不当に拘束され人権侵害が続いているとして、トルコのギュル法相とソイル内相を経済制裁対象に指定すると発表した。トルコは北大西洋条約機構(NATO)加盟国として米国と同盟関係にある。同盟国の閣僚への異例の制裁発動となり、両国関係は一層悪化する可能性がある。

 財務省によると、制裁は2閣僚について米国内の資産を凍結し、米国人との商取引を禁止する内容。

この記事は有料記事です。

残り559文字(全文763文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 祖父母殺傷 少年「生徒に殺意。迷惑避け、まず家族を」
  2. 群馬・高崎 石灯籠の下敷きに、中学生死亡
  3. 地面師事件 偽造できぬ証明書ない 詐欺の「道具屋」豪語
  4. 記者不明 「皇太子命令取り違え、将軍が殺害で収拾」報道
  5. 世界の雑記帳 米女子生徒、祖父の遺灰入りクッキーをクラスメートに配る=警察

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです