メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

どうすれば安全安心

子どもだけの外出、注意点は 段階追って「親離れ」を

「外出のための四つの条件」

 子どもたちが心待ちにしていた夏休みが始まった。子どもが「友達と一緒に遊びに行きたい」などと言い出す場面が増えそうだ。親が全ての外出に付き添うには限界があるし、子どもだけの行動には事件や事故に巻き込まれる危険も付きまとう。リスクを減らす外出時の注意点などをまとめた。【田村彰子】

 小学生になると行動範囲は広がり、「公園に一緒に行こう」「○○君の家に集合しよう」と、子ども同士の約束も増えてくる。「子ども同士での外出を経験させてあげるのは自立を促すためにもいいこと。ですが事故や事件に遭う危険もあるので、全ての行動を自由にさせるわけにはいきません。夏休みは、まず子どもの様子をしっかりと把握し、最適な外出を親子で考えましょう」。こうアドバイスするのは、小学校教諭の資格を持ち、「子育ち支援士」として活動する田宮由美さんだ。

 田宮さんによると、子どもだけの外出が可能になるには▽出かける準備、持ち物の管理などを1人でできる▽時刻がある程度理解でき、帰宅時間などが守れる▽1人で買い物ができ、金銭感覚もある程度身についている▽臨機応変な行動ができる--の四つの条件をクリアすることが必要だという。

この記事は有料記事です。

残り1884文字(全文2379文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  2. 最期の別れに親戚も呼べないなんて…新型コロナで葬儀縮小、会食中止 棺不足も

  3. 新型コロナ不況になぜ1人20万の給付金が必要なのか 反緊縮・経済学者の提言を読む

  4. ファクトチェック 新型コロナ「五輪延期後に検査急増」は本当か 「感染隠蔽」説を検証すると…

  5. 新型コロナ、都内で感染者68人確認

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです