メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

演歌・歌謡ラボ

大津美子/佐々木新一=専門編集委員・川崎浩

 昭和30年代こそ、昭和歌謡の黄金期と言っていいであろう。民謡から浪曲、歌曲もあれば、戦後のモダンジャズやロックンロールなど、下敷きにするサウンドはより取り見取り。カラフルな昭和歌謡の基礎ができ上がるのである。

 その昭和30年のヒット「東京アンナ」(…

この記事は有料記事です。

残り595文字(全文720文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 麻生財務相 休校中の学童保育負担「つまんないこと聞く」 新型肺炎対策

  2. トイレットペーパー買い占め相次ぐ 新型肺炎の影響巡りデマ 熊本で

  3. 困窮の末、57歳母と24歳長男死亡 ガス・水道止まり食料もなく 大阪・八尾の集合住宅

  4. 東証、一時1000円超安 新型コロナ感染拡大懸念で

  5. 東京ディズニーランドとディズニーシー休園へ 29日から3月15日まで臨時休園

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです