メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

演歌・歌謡ラボ

大津美子/佐々木新一=専門編集委員・川崎浩

大津美子 歌への思い、濃厚に

 昭和30年代こそ、昭和歌謡の黄金期と言っていいであろう。民謡から浪曲、歌曲もあれば、戦後のモダンジャズやロックンロールなど、下敷きにするサウンドはより取り見取り。カラフルな昭和歌謡の基礎ができ上がるのである。

 その昭和30年のヒット「東京アンナ」(1955年)、翌年の「ここに幸あり」はその代表である。この2曲で昭和を代表する歌手の位置を固めたのが大津美子である。80年に脳動脈破裂で倒れたが復活し、80歳の今も元気に弦哲也作曲の新曲「北斗星(  ほし  )に祈りを」(キング)を歌う。「亡き夫のことをイメージさせる歌なので、感情を込めようと思っ…

この記事は有料記事です。

残り432文字(全文720文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  2. 「夢かなってイラストレーターになったのに…」現場に駆けつけた祖父絶句
  3. 若い女性「知らない人から灯油のような液体をかけられた」京アニ火災
  4. 京アニ火災 男は関東地方在住の41歳か 免許証で判明
  5. 京アニ火災 新海監督「あまりにも酷すぎる事件です」 米国では寄付募集の動きも

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです