連載

演歌・歌謡ラボ

毎日新聞デジタルの「演歌・歌謡ラボ」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

演歌・歌謡ラボ

大津美子/佐々木新一=専門編集委員・川崎浩

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

大津美子 歌への思い、濃厚に

 昭和30年代こそ、昭和歌謡の黄金期と言っていいであろう。民謡から浪曲、歌曲もあれば、戦後のモダンジャズやロックンロールなど、下敷きにするサウンドはより取り見取り。カラフルな昭和歌謡の基礎ができ上がるのである。

 その昭和30年のヒット「東京アンナ」(1955年)、翌年の「ここに幸あり」はその代表である。この2曲で昭和を代表する歌手の位置を固めたのが大津美子である。80年に脳動脈破裂で倒れたが復活し、80歳の今も元気に弦哲也作曲の新曲「北斗星(  ほし  )に祈りを」(キング)を歌う。「亡き夫のことをイメージさせる歌なので、感情を込めようと思っ…

この記事は有料記事です。

残り432文字(全文720文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集