メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

演歌・歌謡ラボ

大津美子/佐々木新一=専門編集委員・川崎浩

大津美子 歌への思い、濃厚に

 昭和30年代こそ、昭和歌謡の黄金期と言っていいであろう。民謡から浪曲、歌曲もあれば、戦後のモダンジャズやロックンロールなど、下敷きにするサウンドはより取り見取り。カラフルな昭和歌謡の基礎ができ上がるのである。

 その昭和30年のヒット「東京アンナ」(1955年)、翌年の「ここに幸あり」はその代表である。この2曲で昭和を代表する歌手の位置を固めたのが大津美子である。80年に脳動脈破裂で倒れたが復活し、80歳の今も元気に弦哲也作曲の新曲「北斗星(  ほし  )に祈りを」(キング)を歌う。「亡き夫のことをイメージさせる歌なので、感情を込めようと思っ…

この記事は有料記事です。

残り432文字(全文720文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  2. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  4. 家も畑も「本当に無くなっちゃった」 「次はすぐ逃げる」 住民ぼうぜん 堤防決壊の千曲川

  5. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです