メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Interview

中村七之助 いちずな怖さ演じる 「盟三五大切」でヒロイン・小万役

中村七之助さん

 女形を中心に自在の演技を見せる歌舞伎俳優。東京・歌舞伎座で3部制を取る「八月納涼歌舞伎」の第3部、「盟三五大切(かみかけてさんごたいせつ)」(鶴屋南北作)の通し上演で、ヒロインの小万を初役で演じる。

 芸者の小万は亭主の三五郎(中村獅童)に頼まれ、浪人、薩摩源五兵衛(松本幸四郎)から百両の金をだまし取る。源五兵衛は怒りから次々と人を殺(あや)め、ついには小万も手にかける。

 「歌舞伎の典型です。男が2人いて、好きな人のために片方をだまし、そっちがどんどん落ちていき、最終的…

この記事は有料記事です。

残り940文字(全文1177文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 議員あぜん「なぜこの資料あるのに示さなかったのか」 「桜」野党ヒアリング2回目詳報

  2. オジー・オズボーンさんパーキンソン病告白 メタルの帝王「困難な状況だ」

  3. 米兵から性暴力被害を受けた豪女性 安倍首相あてに日米地位協定の改定要望

  4. 「桜を見る会」廃棄されたはずの内閣府資料あった 2014~19年の招待者数も公表

  5. 論点 橋下徹さん「罪悪感なく公文書廃棄する政府の恐ろしさ」 桜を見る会

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです