メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 近くの小川から簡単に電気を取り出せたら--。そんな夢を実現させた人がいる。茨城県日立市の電気メーカー「茨城製作所」の菊池伯夫(のりお)社長(41)だ。

 英国の大学で理論物理学博士号を取得。海外で研究生活を送った後、祖父が創業した同社に入った。転機は2011年の東日本大震災。会社が被災し、停電に悩まされた。「明かりさえあれば……」。もどかしさが募った。

 着眼したのは天然エネルギーである川の水流。震災の約2年後、川に沈めるだけで発電する小型の水力発電機…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 幼稚園児の娘の絵を完全再現…“究極のキャラ弁”披露する芸人父「弁当作りで成長見える」
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. ORICON NEWS RAG FAIR 奥村政佳が脱退「政治の道へと進む決心をしました」
  4. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?
  5. 「誠に申し訳ございません」辞職の堺市長 “維新の刺客”はね返した力強さ消え

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです