メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

水不足

猛暑続く県内、農家を直撃 ダム貯水率低調 最上川も流量減 /山形

 猛暑が続く中、県内は全域で降水量が少なく、主要な水源の最上川は流量が減り、各地のダム貯水率も低調で、農家などが水不足に危機感を強めている。【松尾知典、佐藤良一、長南里香】

 山形地方気象台によると、7月の月降水量は米沢市が44・5ミリ(平年158・2ミリ)で、1976年の観測開始以来、最少を記録。山形市52・0ミリ(同157・0ミリ)、酒田市80・5ミリ(同209・0ミリ)、新庄市71・0ミリ(同197・1ミリ)など、平年の3~4割程度にとどまった。8月の降水量は平年並みの見込みだという。

 県内のダムでは、県の県土整備部が管理する12カ所のうち10カ所で、貯水率が平年値より1・5~55・…

この記事は有料記事です。

残り1198文字(全文1495文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

  2. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?

  3. 山形唯一の老舗百貨店「大沼」が破産申請 従業員200人解雇

  4. 兵庫・西宮の山中に遺体 大阪の会社社長か 22日から行方不明 事務所に血痕

  5. 賞品の高級車渡さずMXテレビ謝罪 企画会社と「連絡取れない状況」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです