メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

知事選2018

2候補、県内駆ける /長野

 任期満了に伴う知事選は5日の投開票まであとわずか。ともに無所属で立候補した、3選を目指す現職の阿部守一氏(57)=自民、立憲民主、国民民主、公明、社民推薦=と新人の元上田市議、金井忠一氏(68)=共産推薦=の2人はより浸透を図ろうと汗を流している。県内を駆け回る2人の姿を追った。(届け出順)

身をかがめ「県民目線」 阿部氏

 「何か、課題に思うことはありますか」。長野駅前での街頭演説を始める前、現職の阿部氏は通りかかった人々と握手を交わし、熱心に問いかけた。普段は公務が多忙で県内をすみずみまで回ることは難しく、選挙前から「私の思いをお伝えすると同時に、地域の皆さんの声をうかがう機会にしたい」と考えていたからだ。

 この日は午前6時、長野市内の地方卸売市場でのあいさつ回りから活動を開始。須坂駅前での街頭演説を経て…

この記事は有料記事です。

残り1014文字(全文1372文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アジア大会 ボランティアに破格の報酬 18日夜開会式
  2. 兵庫・ダム遺体 大阪の男2人逮捕 死体遺棄容疑
  3. 新商品 シーチキンとコンビーフが一つに 20日発売
  4. 夏の高校野球 日大三7年ぶりベスト4 下関国際を逆転
  5. 遺品整理 高額な追加料金、勝手に処分 トラブルにご用心

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです