アジアゾウ

「マック」が妊活 神戸市立王子動物園 /兵庫

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
王子動物園のアジアゾウ「マック」=王子動物園提供
王子動物園のアジアゾウ「マック」=王子動物園提供

 神戸市立王子動物園(神戸市灘区王子町3)は先月、宮崎市フェニックス自然動物園のアジアゾウ「みどり」(雌、17歳)を借り受けた。繁殖が目的で、王子動物園で最大1年過ごし、雄の「マック」(26歳)とペアリングを図る。国内の動物園ではアジアゾウの少子化が進んでおり、「妊活」に期待がかかる。

 みどりは2005年、雄の「たいよう」と一緒にタイから宮崎に寄贈された。しかし、14年にたいようが急死。フェニックス自然動物園は繁殖のためにみどりを他の動物園に貸し出す「ブリーディングロー…

この記事は有料記事です。

残り357文字(全文594文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集