メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

福岡いのちの電話

相談員養成 10月開講、受講生を募集 ボランティア不足、参加呼び掛け /福岡

 悩みや不安などの相談に応じる「福岡いのちの電話」(中央区舞鶴)が、10月に開講する電話相談ボランティア養成講座の受講生を募集している。河辺正一事務局長(63)は「災害続きで相談電話の需要が高まっているのに、高齢化などによる相談員不足が深刻化している」と、受講を呼び掛けている。

 相談員の数は過去最多だった1994年の268人が現在は179人に。3回線中2回線しか稼働できず、受信件数は96年の2万5502件が昨年は1万3839件にまで減少した。一方で、1件当たりの通話時間は伸びているため電話がつ…

この記事は有料記事です。

残り375文字(全文624文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  2. 東京消防ヘリ 福島・いわきで救助中、誤って70代女性落下し死亡

  3. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  4. ラグビーW杯 台風19号で試合中止のカナダ代表、釜石で土砂除去などボランティア

  5. リーチ・マイケル主将「台風で亡くなった人たちの家族に勇気与えられたと思う」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです