メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

踏み跡にたたずんで

林を抜けて海へ=小野正嗣

 途中で振り返ってはいけない。

 ただまっすぐ。迷いなく。

 そのとおりに進んだ。

 すると、こんもりと木々が現われた。立ち並ぶ黒い幹の向こうに、まばゆい光が広がっているのが見えた。光は生き物がわれ知らず発する気配のように揺れていた。強い草木のにおいに潮の香が混じった。

 その小さな林に入ると、思いのほか暗かった。ひんやりとはしていなかった。むしろ、木々のあいだに滞留する熱気は粘り気を増して首筋にまといつき、不快さが募った。さっきまで耳ざわりだった蝉(せみ)の声が気にならなくなった。

この記事は有料記事です。

残り1983文字(全文2223文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮45休刊 「組織ぐるみ擁護に怒り」新潮社前でデモ
  2. 伊方再稼働許可 「福島の事故忘れたか」被爆者ら怒り
  3. 涼宮ハルヒ 5年ぶり新作書き下ろし短編 「ザ・スニーカー」特別号に掲載
  4. 新潮社 「新潮45」が休刊 杉田氏擁護特集で批判浴び
  5. 国語世論調査 「存亡の危機」83%が使用 「新語で苦労」55% 16年度

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです