メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

踏み跡にたたずんで

林を抜けて海へ=小野正嗣

 途中で振り返ってはいけない。

 ただまっすぐ。迷いなく。

 そのとおりに進んだ。

 すると、こんもりと木々が現われた。立ち並ぶ黒い幹の向こうに、まばゆい光が広がっているのが見えた。光は生き物がわれ知らず発する気配のように揺れていた。強い草木のにおいに潮の香が混じった。

 その小さな林に入ると、思いのほか暗かった。ひんやりとはしていなかった。むしろ、木々のあいだに滞留する熱気は粘り気を増して首筋にまといつき、不快さが募った。さっきまで耳ざわりだった蝉(せみ)の声が気にならなくなった。

この記事は有料記事です。

残り1983文字(全文2223文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. キスマイ宮田俊哉 風間俊介の兄役で「やすらぎの刻~道」出演 短髪姿にメンバーは「アリだね!」
  2. セクハラ防止 内閣府ポスター不評 深刻さ伝わる?
  3. 陸自 砲弾、一般車被害 国道そばに着弾 滋賀の演習場 目標1キロずれ
  4. 入れ墨 「医療行為に当たらず」 彫り師に逆転無罪
  5. 平井科技相 宛名のない領収書61枚 選挙費の5割

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです