メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

メディアの戦後史

占領期の広島原爆報道 言えなかった「ノーモア」

 敗戦6年後の1951(昭和26)年9月2日。日本が米国などとサンフランシスコ講和条約を締結する直前、NHKラジオの人気番組「日曜娯楽版」が音楽コントを放送した。政治風刺で知られた放送作家、三木鶏郎(とりろう)(14~94年)作の「六年たてば六つになる」。

 45年8月15日正午、焼け跡に生まれたタミオはなかなか口をきかない。憲法が施行された47年、二つになっても話さない。51年、六つになって、ためらいがちに発した言葉は--。「ノ、ノ、ノーモア・ヒロシマ」

この記事は有料記事です。

残り1503文字(全文1732文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

  2. 眞子さま28歳に 代替わりで公務増加

  3. 即位の礼 饗宴の儀、華やかに 皇后陛下ロングドレス 出席者も鮮やか民族衣装で

  4. 即位の礼 小ダイ姿焼き、フカヒレ茶わん蒸し、加薬飯、イセエビ吸い物…饗宴の儀、秋づくしの和食で

  5. 「サイレイヤ、サイリョウ!」2年ぶり鞍馬の火祭 夜空焦がす炎 京都

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです