メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

メディアの戦後史

占領期の広島原爆報道 言えなかった「ノーモア」

 敗戦6年後の1951(昭和26)年9月2日。日本が米国などとサンフランシスコ講和条約を締結する直前、NHKラジオの人気番組「日曜娯楽版」が音楽コントを放送した。政治風刺で知られた放送作家、三木鶏郎(とりろう)(14~94年)作の「六年たてば六つになる」。

 45年8月15日正午、焼け跡に生まれたタミオはなかなか口をきかない。憲法が施行された47年、二つになっても話さない。51年、六つになって、ためらいがちに発した言葉は--。「ノ、ノ、ノーモア・ヒロシマ」

この記事は有料記事です。

残り1503文字(全文1732文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ
  2. 戦争の愚 風船爆弾に悔い 製造の経験を小説に
  3. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  4. 騒動 出川哲朗 イッテQ騒動に男気初対応、信頼貫く「頑張ってる」(スポニチ)
  5. 社説 桜田五輪担当相の迷走 滞貨一掃人事の重いツケ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです