メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

パリで体験「心のバリアフリー」 自然に他者への気遣いを=岩下恭士(デジタルメディア局)

狩りをする女神ディアナのブロンズ像に触れる筆者。2メートル近い大きさの実物にも触れたが、こちらは複製=6月23日、ルーブル美術館専属のツアーガイド撮影

 6月にパリを訪れた。2020年東京オリンピック・パラリンピックに向け実現が期待される共生社会について、世界最大の文化芸術の都ではどうなっているかを知りたかったからだ。昨年2月、政府は東京五輪・パラリンピックを機に共生社会の実現を目指す「ユニバーサルデザイン2020行動計画」を発表し、「心のバリアフリー」と「ユニバーサルデザインのまちづくり」を推進している。

 フランスでは特に私のような全盲者に対する社会の反応を知りたかったので、日本を出発する時から同行者を…

この記事は有料記事です。

残り1815文字(全文2045文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  2. どうする国民年金 (1)基礎年金生活者・単身女性に訪れる甘くない将来

  3. 「小泉政権の政府見解と矛盾」との指摘にどう答えたか 誕生日だった菅氏一問一答

  4. 稲田朋美議員の秘書、政治資金で駐車違反の交通反則金

  5. 東名あおり運転控訴審 1審判決を破棄、地裁に差し戻し 「危険運転」は否定せず

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです