メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アフガニスタン

米・タリバン直接会談 トランプ政権、政策転換か 米欧報道

 【イスラマバード松井聡】内戦が泥沼化するアフガニスタン情勢を巡り、米国務省高官がカタールの首都ドーハで7月下旬、旧支配勢力タリバンとの直接会談に応じた。米紙ニューヨーク・タイムズなど複数のメディアが報じた。米国は従来、タリバンとの交渉には否定的だったが、事態が一向に好転しないことからトランプ政権が政策転換に踏み切ったとみられ、正式な和平協議開始につながるか注目される。

 「会談は友好的な雰囲気だった。すぐに改めて会談することや、対話を通じて内戦を解決することで一致した…

この記事は有料記事です。

残り880文字(全文1116文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大人の発達障害 4割超「うつ病」発症 毎日新聞調査
  2. フーターズ運営が再生法申請 負債約5億円、営業継続
  3. サクラの名所・中国の武漢大、警備員が花見の「和服」学生に暴行 ネットで炎上、批判が殺到
  4. 「お茶くみ」でつまずき…… 発達障害「6カ所以上の職場」3割
  5. 特集ワイド 増える「発達障害グレーゾーン」 しんどさ続き、浮く存在に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです