特集

第79期名人戦

渡辺明名人に斎藤慎太郎八段が初挑戦する第79期名人戦を特集します。棋譜中継は「棋譜・対局結果」からご覧いただけます。

特集一覧

将棋

第77期名人戦A級順位戦 久保利明王将-広瀬章人八段 第3局の6

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

久保、白星発進

 朝の蒸し暑さが嘘(うそ)のように、利きすぎた空調が指先を冷やす。勝負が一手一手、終わりへと近づいていく。

 久保はさっと角を切ると[先]3四竜と回った。[後]3三香は「打たされて痛かった」と広瀬。やむを得ない応手だが、上部への脱出経路が断たれた。

 [先]7四竜で[先]2三竜ともぐりこむのは[後]3一金[先]2二銀[後]3二金打と手堅く受けられてしまう。

 竜が右から左へと大旋回。広瀬は残り時間の半分近くを費やして[後]7二飛と打った。「悲観していた」という広瀬だが、ここでは[後]6一金と引く手があった。以下[先]6二歩[後]7三歩[先]同竜[後]5五角と進めば、[後]8九馬~[後]3六桂の反撃を得て息を吹き返す。[先]6二歩に代えて(1)[先]6二銀打でも[後]7三歩が痛く、(2)[先]5四歩[後]同歩[先]6三竜には[後]7二角がぴったりだ。

この記事は有料記事です。

残り520文字(全文903文字)

【第79期名人戦】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集