メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日銀

展望リポート 「賃上げ不足、物価抑制」 生産性向上も要因

 日銀は1日、7月の「経済・物価情勢の展望(展望リポート)」の詳細版を発表した。景気が拡大しているのに物価が想定通り伸びない要因や背景について、賃金の伸び悩みや生産性の向上を挙げた。【土屋渓】

 物価は景気が上向けば、賃金や消費の増加に伴い上昇する、と考えられてきた。2%の物価上昇率を目指す日銀は、景気を刺激するため大規模な金融緩和策を5年超続けている。しかし6月の消費者物価指数(生鮮食品を除く)は前年同月比0・8%の上昇にとどまるなど目標達成にはほど遠い。

 展望リポートはその要因について、賃金の伸び悩みを挙げた。パートの時給は上がっているが、正社員の給与が伸びを欠いている。長年低成長が続いたことで、企業は賃金引き上げに慎重な姿勢を崩していないと指摘。低賃金で働く女性や高齢者が増えていることも賃金上昇を抑制していると分析した。

この記事は有料記事です。

残り590文字(全文957文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ショーン・コネリーさん死去 90歳 「007」のボンド役 BBC報じる

  2. 余録 映画「007」シリーズの第2作、「ロシアより愛をこめて」は…

  3. 逗子崩落・女子高生死亡 事故前日に亀裂発見 マンション管理会社、行政に伝えず

  4. 松尾貴史のちょっと違和感 「田分け」以上の愚行 大阪市廃止は投票で防げる

  5. 22歳孫の祖母介護殺人 「自助に頼る国の悪癖」露呈 就職氷河期経験者が読む

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです