メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

廃炉ごみ

行き場なく 制御棒など、9基分2200トン

放射性廃棄物の種類と処分方法

 原子力規制委員会が1日、原発の廃炉に伴って原子炉内から出る放射性廃棄物の規制基準案をまとめたことで、廃炉で出るごみの処分ルールが実質的に出そろった。しかし電力会社による処分場の選定は進んでいない。老朽原発が増えて廃炉時代を迎える中、廃棄物の行方は宙に浮いており、廃炉作業が滞りかねない。

 東京電力福島第1原発事故を機に、原発の運転期間は原則40年に制限された。老朽原発の廃炉が相次ぎ、福島第1を除き計9基で廃炉作業が進んでいる。

 深さ300メートル以上に地層処分される高レベル放射性廃棄物(核のごみ)とは別に、作業に伴う廃炉廃棄物は放射能レベルで「L1」から「L3」に区分され、9基分では計約8万トン発生する見通しだ。このうち汚染度が高い制御棒などL1廃棄物は2200トンに上るという。さらに関西電力大飯1、2号機(福井県)や四国電力伊方2号機(愛媛県)、東京電力福島第2原発も廃炉やその方針を表明しており、ごみの量が膨らむのは…

この記事は有料記事です。

残り126文字(全文541文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 豊島区女性不明 栃木で遺体の一部発見 29歳を死体遺棄容疑で逮捕へ

  2. ORICON NEWS 金城茉奈さん、病気のため死去 享年25歳 『リュウソウジャー』龍井うい役で出演

  3. 米大統領選「不正ある」 トランプ氏勝利を叫ぶ日本人識者たちの論理

  4. 清原和博さんが野球教室 「自分なりに発信したい」公式チャンネル開設に意欲

  5. はやぶさ2カプセル、大気圏突入 豪上空に火球観測 JAXAチーム回収へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです