メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「18歳成人」に思う

「空白」の18、19歳は支え薄い 国立情報学研究所教授・新井紀子さん(55)

 成人年齢を18歳に引き下げる改正民法が成立しました。弱い立場の若者への法的保護が手薄になり、より搾取されやすい環境に陥るのではないかと心配です。日本では若い女性が性的消費の対象になりやすい社会環境があり、インターネットなど見えにくい所にまで広がっています。現在、20歳以上でもアダルトビデオ出演などで不利な契約を結ばされることがあるので、18、19歳の女性が守られるか、懸念します。

 経済的に苦境に立たされて望まない労働をせざるを得ないケースもあるでしょう。奨学金で四、五百万円の借金を抱えた大学生は珍しくありません。契約の自由は民法の大前提ではありますが、弱者保護も考えなければバランスを欠くのではないでしょうか。

この記事は有料記事です。

残り368文字(全文677文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 独で歩行者に車突っ込み乳児含む5人死亡 飲酒運転の容疑者逮捕

  2. 「山を一つ動かしたかな」桜を見る会問題追及、田村智子参院議員に聞く

  3. #排除する政治~学術会議問題を考える 「まるでモラハラのよう」 矛盾だらけの「改革」論議 名大・隠岐さや香教授

  4. 学術会議現役会員「世界から笑われる」 政府、非政府組織化を提案

  5. 社会から「消された存在」だった 18年軟禁された女性、自立探る今

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです