メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

障害者の尊厳

理解して 虐待防止歌で 東京・日野の施設

障害者施設利用者の前で完成した「みんな大事な仲間たち」を歌う歌手のSIOさん=東京都日野市で2018年6月27日午後2時23分、蒔田備憲撮影

 障害者施設で起こる差別や虐待事件をなくそうと、東京都日野市の社会福祉法人が、障害者の尊厳や自立の大切さを伝える愛唱歌「みんな大事な仲間たち」を作った。2年前に起きた相模原市の障害者施設殺傷事件を受けて制作した。関係者は「障害者の権利を守る支援の一助にしてほしい」としている。

 制作を企画したのは、障害者施設を運営する社会福祉法人「夢ふうせん」の湯口裕理事長。2016年7月、相模原市の知的障害者福祉施設で元施設職員の男が19人を刺殺するという事件に衝撃を受けた。「施設職員であっても障害者の権利、尊厳を守る大切さを理解しているとは限らない」と危機感を抱いたという。

 同法人の運営する施設を含め多くの施設は、支援のあり方を定めた「運営方針」や「理念」を掲げるが「施設…

この記事は有料記事です。

残り691文字(全文1024文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京都 「障がいは言い訳」ポスター、批判で撤去
  2. 記者不明 「殺害の証拠発見」AP報道 サウジ総領事出国
  3. KYB 「建物、震度7にも大丈夫」 データ改ざんで検証
  4. バイク6人死亡 大型二輪免許なし 道交法違反容疑も
  5. KYB 免震装置986件で不正 検査データ改ざん

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです