メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

障害者の尊厳

理解して 虐待防止歌で 東京・日野の施設

障害者施設利用者の前で完成した「みんな大事な仲間たち」を歌う歌手のSIOさん=東京都日野市で2018年6月27日午後2時23分、蒔田備憲撮影

 障害者施設で起こる差別や虐待事件をなくそうと、東京都日野市の社会福祉法人が、障害者の尊厳や自立の大切さを伝える愛唱歌「みんな大事な仲間たち」を作った。2年前に起きた相模原市の障害者施設殺傷事件を受けて制作した。関係者は「障害者の権利を守る支援の一助にしてほしい」としている。

     制作を企画したのは、障害者施設を運営する社会福祉法人「夢ふうせん」の湯口裕理事長。2016年7月、相模原市の知的障害者福祉施設で元施設職員の男が19人を刺殺するという事件に衝撃を受けた。「施設職員であっても障害者の権利、尊厳を守る大切さを理解しているとは限らない」と危機感を抱いたという。

     同法人の運営する施設を含め多くの施設は、支援のあり方を定めた「運営方針」や「理念」を掲げるが「施設に張り出したりホームページに掲載したりするだけでは、職員の血や肉になっていない」と感じた。そんな時、明るい社歌を歌う企業を紹介するテレビ番組を見て「歌なら、職員も利用者も楽しみながら大切な理念を心に落とし込めるのではないか」と考えた。

     作詞にあたって、全国の約20カ所の障害者施設の運営方針や理念をホームページなどで調べ、「社会参加」「自立」など共通する用語を抽出。日常会話で使うような分かりやすい「みんな一緒に」「自分の力で」といった言葉に置き換えた。

     作曲と歌は、日野市出身の男性歌手、SIOさん(49)が担当した。SIOさん自身もボランティアで障害者支援に携わった経験がある。親しみやすい曲調を意識し「自分が今まで出会った障害者の姿を思い浮かべ、社会参加や交流が深まってほしい」との願いを込めた。

     6月27日には「夢ふうせん」の施設で完成した曲を披露。利用者や職員約110人が声を合わせて歌った。施設を利用する門脇拓さん(26)は「歌を通じて障害者を理解してくれたら、相模原のような事件は起きないと思う」と語った。

     「みんな大事な仲間たち」のCDは1000枚制作し、希望者に無料で配布する。問い合わせは夢ふうせん(042・587・8630)。【蒔田備憲】

    みんな大事な仲間たち

    生きる喜び 働く喜び

    みんなで一緒に工夫して

    胸に希望と勇気をもって

    自分の力で生きてゆく

    そこにあなたの手がひとつ重なれば

    ぼくらの居場所(夢ふうせん)

    ぼくらの夢はここにある

    わたしの居場所(夢ふうせん)

    みんな大事なずっと大事な仲間たち

    ※1番の歌詞を抜粋。かっこ内は、各施設の名称に合わせて変えることができる

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. アジア大会 ボランティアに破格の報酬 18日夜開会式
    2. 夏の高校野球 金足農サヨナラ2ランスクイズ 近江を降す
    3. 富田林署逃走 容疑者5月以降4回逮捕 若い女性狙い
    4. 余録 日本人の目には、どう見てもひらがなの「も」である…
    5. 兵庫・ダム遺体 大阪の男2人逮捕 死体遺棄容疑

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです