東京医科大

女子の合格抑制 一律減点、男子に加点も

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
東京医科大=東京都新宿区で、手塚耕一郎撮影
東京医科大=東京都新宿区で、手塚耕一郎撮影

 文部科学省の私立大支援事業を巡る汚職事件で、今年度の入試で同省幹部の息子を不正合格させたとされる東京医科大が2011年以降、女子受験生の点数を一律で減点するなど男子受験生を優遇していたことが関係者への取材で明らかになった。同大の入試の募集要項にこうした措置は記されておらず、不公平との批判が上がりそうだ。

 関係者によると、同大医学部医学科の一般入試の合格者数は10年に女子が全体の4割弱に達したため、「女子は3割以内におさえるべきだ」として、翌年以降、男子優遇の措置が取られてきたという。具体的には、マークシート方式の1次試験で女子の点を一律に減点したり、小論文と面接で実施される2次試験で男子の小論文の点数を加点したりしていたという。

この記事は有料記事です。

残り343文字(全文662文字)

あわせて読みたい

注目の特集