メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「ニホンゴ」を話す村で

台湾タイヤル族 日本統治の名残

 台湾北東部の山間部にある宜蘭(ぎらん)県寒渓(かんけい)村。先住民タイヤル族が暮らす小さな集落を訪ねると、公民館で祭りが開かれ、民族衣装を身にまとった女性たちが伝統の踊りを披露していた。

 「アンタ、タベタモ?」(あなたはごはんを食べ終わった?)

 「タベタモー」(食べ終わった)

 中国語に混ざって日本語のようなあいさつが飛び交った。

この記事は有料記事です。

残り1058文字(全文1224文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  2. 出場32校決定、初出場は5校 3月19日開幕 第92回選抜高校野球

  3. 「タイプだった」患者に強制性交容疑 55歳婦人科医院院長を逮捕 警視庁

  4. 21世紀枠は帯広農、磐城、平田 第92回選抜高校野球

  5. 消えたパクチー農家について首相「お答え差し控える」 施政方針演説で紹介

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです