普天間第二小

児童避難1学期で455回 米軍機接近で

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
避難所の設置工事中、学校周辺上空を飛ぶ米軍輸送機オスプレイを見上げる作業員=沖縄県宜野湾市の市立普天間第二小学校で2018年7月26日午後2時41分、比嘉洋撮影
避難所の設置工事中、学校周辺上空を飛ぶ米軍輸送機オスプレイを見上げる作業員=沖縄県宜野湾市の市立普天間第二小学校で2018年7月26日午後2時41分、比嘉洋撮影

 昨年12月に米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)所属の大型ヘリコプターから窓が校庭に落ちる事故があった市立普天間第二小学校で、米軍機の接近によって校庭にいる児童が避難した回数が1学期で455回に上ったことが、防衛省沖縄防衛局のまとめで分かった。防衛局は落下物から児童を守る屋根付きの避難所を校庭に設置する工事を進めているが、米軍機が周辺上空を飛ぶ現状は依然として改善されていない。

 普天間飛行場に隣接する普天間第二小では、事故後の2月13日から校庭の使用が全面再開された。その後は米軍機が学校上空を飛行する恐れがあると判断した場合には、沖縄防衛局が配置した監視員が校庭にいる児童に避難を指示している。

この記事は有料記事です。

残り427文字(全文727文字)

あわせて読みたい

注目の特集