メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西日本豪雨

気候変動、常識外のリスク

山陽自動車道の志和トンネルに流入した土砂や流木=東広島市で2018年7月6日、西日本高速道路提供

 倒木を巻き込んで流れていく土砂をトンネル内の監視カメラが捉えていた。7月6日午後8時ごろ、山陽自動車道志和トンネル(東広島市、約2キロ)脇の斜面が崩れ、土石流が流れ込んだ。既に通行止めにしていたため人的被害はなかったが、西日本高速道路の担当者は「こんなことが起こるのか」と絶句した。24時間態勢で運び出した流入土砂は2800立方メートルに及び、8日後の14日にようやく復旧した。

 広島大の土田孝教授(地盤工学)は、同じように土石流が道路に流れ込んだ現場を東広島市や広島市安芸区な…

この記事は有料記事です。

残り1129文字(全文1369文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 余録 「頂いたお酒を開けて家業を休み…
  4. 池袋暴走 「不安なら車を運転しない選択肢を」 松永さんの夫会見
  5. 陸上の小出義雄さん死去 高橋尚子さんら育成 80歳

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです