メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外池袋で車衝突、10人けが 女性と子供が意識不明
特集ワイド

ひらめきの料理番が「見た」昭和天皇 質素・倹約・無私 でもカレーにイカ粉たっぷり

昭和天皇が召し上がった洋食について語る元宮内庁料理人の工藤極さん=東京都練馬区で2018年7月12日、根岸基弘撮影

 昭和天皇はカレーライスに「イカ粉(こ)」をかけていた。スルメを細かく潰した粉である。自分で試してみるとこれが結構いける。味に丸みが出る。それにしても、なぜイカ粉なのか? 昭和天皇、香淳皇后の洋食担当だったフランス料理のシェフ、工藤極(きわむ)さん(67)にその極意と、若い頃の直感で分け入っていった皇居の空気を聞いた。【藤原章生】

 工藤さんは、東京の西武池袋線江古田駅の近くで料理店「ビストロ・サンジャック」を一人で営んでいる。カ…

この記事は有料記事です。

残り3446文字(全文3662文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 辺野古取材の池上彰さんを撮影 「マスコミ特定」反対派リスト作成の警備会社が指示
  2. トランプ氏「これで私は終わりだ」 司法妨害の疑い言及 米ロシア疑惑報告書
  3. 「児童が危険と…」 小学校前の通学路に白色スプレーで“停止線” 福岡の校長を書類送検
  4. 首相側近・萩生田氏、増税先送り可能性に言及 与党にも波紋「何を勝手に言っているんだ」
  5. 台湾東岸・花蓮でM6.1地震 震源の深さ18キロ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです