メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

ひらめきの料理番が「見た」昭和天皇 質素・倹約・無私 でもカレーにイカ粉たっぷり

昭和天皇が召し上がった洋食について語る元宮内庁料理人の工藤極さん=東京都練馬区で2018年7月12日、根岸基弘撮影

 昭和天皇はカレーライスに「イカ粉(こ)」をかけていた。スルメを細かく潰した粉である。自分で試してみるとこれが結構いける。味に丸みが出る。それにしても、なぜイカ粉なのか? 昭和天皇、香淳皇后の洋食担当だったフランス料理のシェフ、工藤極(きわむ)さん(67)にその極意と、若い頃の直感で分け入っていった皇居の空気を聞いた。【藤原章生】

 工藤さんは、東京の西武池袋線江古田駅の近くで料理店「ビストロ・サンジャック」を一人で営んでいる。カ…

この記事は有料記事です。

残り3446文字(全文3662文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「カスハラ」労災10年で78人、24人が自殺 悪質クレーム対策急務

  2. 「名古屋走り」不起訴から一転起訴

  3. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  4. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

  5. 菅原経産相 新たに香典疑惑 「事実ならアウト」自民党内にも進退問う声

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです