メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

憂楽帳

被爆者の訴え

 2016年5月に現職の米大統領として初めて広島を訪れたオバマ氏。原爆慰霊碑前で同氏と固い握手を交わしたのが被爆者の坪井直(すなお)さん(93)だ。20年前に広島支局で坪井さんを取材した私はテレビ中継を見て「被爆者の声が世界を動かした」と感動を覚えた。

 20歳で被爆し、やけどの痕は今も顔に残る。中学教諭となり、数学を教える傍ら被爆体験を伝えた。退職後は海外…

この記事は有料記事です。

残り270文字(全文449文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風12号、24~25日に東日本から東北に接近の恐れ 土砂災害など警戒を

  2. 入手までの時間がカギ「緊急避妊薬をもっと簡単に」 コロナで不安の声高まる

  3. 「もうええわ」ふるさと納税返礼品業者の叫び 指定取り消しの高知・奈半利町

  4. 歌手の守屋浩さん死去 81歳 「僕は泣いちっち」「大学かぞえうた」

  5. ベーシックインカムじわり脚光 日本でも導入求める声 米独など各国で実験

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです