メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

舞台をゆく

大阪市・新世界周辺(那須正幹「さぎ師たちの空」) 時の転変を見守る塔

 広く親しまれている大阪のシンボル、通天閣(大阪市浪速区)。「ズッコケ三人組」シリーズで知られる那須正幹さんの「さぎ師たちの空」(ポプラ文庫)は、その近くで暮らす人々を描いた児童文学作品だ。人情味あふれる個性的な登場人物たちの面影を探し、通天閣がそびえ立つ繁華街・新世界を歩いた。【須藤唯哉】

 日本列島が猛暑に見舞われた7月中旬、新世界にも肌に刺さるような強い日差しが降り注いでいた。串カツ屋など飲食店の派手な看板に彩られた通りを、通天閣を目指して歩く。キャリーケースを転がす外国人観光客と何度もすれ違った。

 通天閣の足元にたどり着き、空を見上げると、文字通り真っ青な空に吸い込まれるように、高さ108メートルの塔がそびえ立っていた。初代が1912(明治45)年に誕生し、現在の2代目は戦後復興が進む56年に再建された。本作品の主人公、中学2年の太一は広島から家出し、この塔を目にすることになる。

この記事は有料記事です。

残り1099文字(全文1497文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 中居正広さん、ジャニーズ3月末退所し独立 遺骨手に「ジャニーさん、力をくれ」

  2. 愛子さまが学習院大文学部へ進学 推薦入試合格

  3. ファクトチェック 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  4. 政府批判の神戸大教授が動画削除 「助言」の医師がFBで事実誤認を指摘

  5. 新型肺炎、高齢者や持病ある人に高い致死率 対策難しい無症状の人からの感染

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです