メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

舞台をゆく

大阪市・新世界周辺(那須正幹「さぎ師たちの空」) 時の転変を見守る塔

 広く親しまれている大阪のシンボル、通天閣(大阪市浪速区)。「ズッコケ三人組」シリーズで知られる那須正幹さんの「さぎ師たちの空」(ポプラ文庫)は、その近くで暮らす人々を描いた児童文学作品だ。人情味あふれる個性的な登場人物たちの面影を探し、通天閣がそびえ立つ繁華街・新世界を歩いた。【須藤唯哉】

 日本列島が猛暑に見舞われた7月中旬、新世界にも肌に刺さるような強い日差しが降り注いでいた。串カツ屋など飲食店の派手な看板に彩られた通りを、通天閣を目指して歩く。キャリーケースを転がす外国人観光客と何度もすれ違った。

 通天閣の足元にたどり着き、空を見上げると、文字通り真っ青な空に吸い込まれるように、高さ108メート…

この記事は有料記事です。

残り1193文字(全文1497文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮45 杉田氏擁護特集で社長コメント「常識逸脱した」
  2. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
  3. プロ野球 中日・岩瀬、1000試合登板まであと2
  4. 北九州 マンションで女性4人死亡、自殺か
  5. 台湾 駐大阪代表が自殺 台風被害の関空対応で批判相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです