メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぐるっと首都圏・アートを歩く

芸術さんぽ 早稲田大学坪内博士記念演劇博物館(東京都新宿区) /東京

演劇、映像資料100万点

 校舎の建て替えが進む早稲田大学で、白壁が映えるレトロな建物が目につく。1928年、同大教授を務めた劇作家の坪内逍遙(1859~1935年)が70歳(古希)を迎え、「シェークスピア全集」の翻訳が完成したことを祝い、建てられた。左右対称の建物は、16世紀イギリスの劇場「フォーチュン座」を模して設計。1階の正面は舞台になっており、前進座がシェークスピア劇を上演し、逍遥が観劇したと伝わる。

 世界の演劇、映像資料を約100万点収集するアジア唯一の演劇専門博物館だ。閲覧室では身分証を提示すれ…

この記事は有料記事です。

残り356文字(全文611文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 覚醒剤 使用容疑で元うたのお兄さんを逮捕
  2. 自民党総裁選 小泉進次郎氏、石破氏を支持
  3. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  4. 自民党 石破氏「200票」に達するか注目
  5. 自民党総裁選 安倍首相が連続3選 石破元幹事長破る

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです