メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

楽スポット

府立近つ飛鳥博物館(大阪府河南町) 古墳内部に入った気分

展示室の中央には大仙古墳の模型(150分の1)がある=大阪府河南町東山の近つ飛鳥博物館で、谷田朋美撮影

 <ぐるっと兵庫・大阪・京都 見・聞・楽>

 飛鳥といえば、奈良県明日香村を思い浮かべるかもしれない。実は大阪府の南河内にも飛鳥と呼ばれる地域がある。古事記によると、大阪市付近にあったとされる都から見て近い河内飛鳥は「近つ飛鳥」、遠い大和飛鳥は「遠つ飛鳥」と呼ばれたという。近つ飛鳥は聖徳太子墓はじめ古代遺跡の宝庫。そのひとつ、一須賀(いちすか)古墳群の一角にある府立近つ飛鳥博物館を訪れた。【谷田朋美】

 同館は1994年、地域全体が遺跡博物館といわれる近つ飛鳥の拠点文化施設として開館。「近つ飛鳥」をは…

この記事は有料記事です。

残り956文字(全文1207文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 西日本豪雨 あの尾畠さん、今度は広島のボランティアに
  2. アジア大会 競泳表彰式で中国と日本の国旗が落下トラブル
  3. アジア大会 ボランティアに破格の報酬 18日夜開会式
  4. 近鉄 ホームに沈む可動柵 新型、数年内導入
  5. WEB CARTOP 高速道路が渋滞していても一般道に降りないほうがいいワケ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです