メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

教える育む学び合う

みなべ・よしくまアドベンチャー 小学生が「ウミガメ調査隊」 産卵観察、保護活動も /和歌山

深夜にアカウミガメの産卵を観察する小学生ら=和歌山県みなべ町山内の千里の浜で、山本芳博撮影

 本州最大のアカウミガメの産卵地で知られるみなべ町山内の「千里の浜」で7月、ウミガメについて学ぶ小学生向け講座「よしくまアドベンチャーinウミガメ調査隊になろう」が開かれた。産卵観察に加え、砂浜のパトロールや卵の保護活動の体験も盛り込んだ。

 環境省が主催、町教委が共催した。日本ウミガメ協議会(大阪府枚方市)の松沢慶将会長(49)が講師を務め、参加した小学生12人は7月7、13、16日の計3日間で、ウミガメの種類や生態、保護活動について学んだ。13日は午後8時から松沢会長の案内でパトロールし、アカウミガメの足跡を探した。ウミガメは光を嫌うために懐中電灯をつけずに暗闇の中で目を凝らし、午後9時ごろ、上陸している姿を確認した。

 カメは夜空と木々のシルエットで陸の方向を判断しているとみられ、松沢会長は「人が動くと察知して産卵せ…

この記事は有料記事です。

残り443文字(全文807文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 紀平SP6位 首位はコストルナヤ、世界最高得点 GPファイナル女子

  2. インタビュー・最前線 ブロードリンク 榊彰一社長 中古PCで環境貢献 回収から卸売りまで

  3. 神奈川県庁サーバーに使用のハードディスク転売 納税記録など流出

  4. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  5. 日本政府、中村医師の襲撃情報を事前に把握 本人も警戒

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです