メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

別府競輪

イメージキャラクター「篠原赤鬼」が誘客に一役 多彩なイベント用意 来年2月、G1初開催 /大分

 別府市営の別府競輪は、柔道家の篠原信一氏(45)をイメージキャラクターに起用し、動画などを作って誘客に力を入れる。長野恭紘市長は「全国の競輪場の経営が苦戦する中、親しみやすい篠原氏のキャラクターによって競輪場の敷居が低くなればうれしい」と語った。

 同氏や長野市長らが1日、記者会見してPR計画を語った。2000年のシドニー五輪、男子100キロ超級で銀メダルを獲得した篠原氏は、03年の現役引退後、男子代表監督などを務めた後、バラエティ番組への出演などで知られる。

 同氏の長身の巨体を生かして別府温泉の地獄巡りにちなむ「赤鬼」に扮(ふん)してもらい、PR動画を撮影…

この記事は有料記事です。

残り392文字(全文674文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「桜を見る会」参加の山口県議ら、ブログ削除相次ぐ

  2. コストコに車突っ込み貴金属盗まれる 北九州

  3. 石破氏、桜を見る会「招待枠あった」 自民の役職在任時 

  4. 富山・朝日町教委、竹田恒泰氏講演中止 「教育勅語広める」授業に批判

  5. 園児をトイレに閉じ込め 東京・足立の認可保育園で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです