メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

2018自民党総裁選

石破氏、近く出馬表明 準備「95%できている」

石破茂氏

 自民党の石破茂元幹事長は2日、毎日新聞のインタビューに応じ、「自民党はものを言わなくなったと言われる。国民の10人のうち9人はそう思っている」と述べ、安倍晋三首相の政権運営を批判した。9月の党総裁選に関しては「無投票はあり得ない」と強調。総裁選で掲げる政策の準備は「95%できている」と述べ、近く立候補を表明する意向を示した。

 石破氏は、自民党の野党時代に自身も関わって作った現在の党綱領を挙げ、「本当に勇気を持って自由闊達(かったつ)に真実を語り、協議し、決断しているか」と現執行部の党運営に疑問を呈した。また、学校法人「森友学園」への国有地売却や「加計学園」による国家戦略特区を利用した獣医学部新設を念頭に「特定の人に有利な政策や有利な条件を作ってはいけない。犯罪でなければいいということではない」と述べ、首相の政治責任を…

この記事は有料記事です。

残り430文字(全文794文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 愛子さま、19歳に 今春に大学進学 オンライン授業、課題などで忙しく

  2. 深刻、コロナ後遺症 倦怠感、呼吸困難…「仕事できない」 進まぬ周知 医師、診断できず

  3. サッカー 新型コロナ なでしこ唯一の海外組・熊谷、隔離免除で合宿「感謝」

  4. 愛子さまが学習院大に初登校 新入生向けガイダンスに出席

  5. 「エール」視聴率、関東20.1%

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです