メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

変革

第7部 あいおいニッセイ同和損保/13 危機が強めた結束

米同時多発テロによる損保各社の苦境を報じる当時の新聞=根岸基弘撮影

 「損害額が一定を超えた場合、その部分が補償される保険を掛けられないか」。2001年12月、あいおい損害保険(現あいおいニッセイ同和損保)と、北大西洋バミューダ諸島の再保険会社の交渉が山場を迎えていた。あいおいは同年9月の米同時多発テロで航空機事故の保険金支払いを抱え、経営不安説が拡大。一刻も早く損失を確定させる必要に迫られていた。

 問題の対応にあたっていた新納(にいろ)啓介(53)にとって、この3カ月は嵐のような日々だった。人生…

この記事は有料記事です。

残り929文字(全文1146文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅官房長官、桜を見る会で反社勢力とツーショット? 「指摘は承知している」

  2. 信長、牛、中学生…「飛び出し坊や」相次いで盗まれる 発祥の地とされる滋賀

  3. 埼玉県南部などで震度3 津波の心配なし

  4. 集合住宅に女子高生の絞殺遺体 住人の男も首をつり死亡 兵庫県警

  5. 支払い前に領収書? 宛名未記入?…ANAホテルの回答から浮かび上がる 首相説明の不自然さ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです