メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う・記者の目

強制不妊を推進した人々に会って 自分にもある優生思想=日下部元美(北海道報道部)

北海道優生保護審査会委員を務めた、現在弁護士の白井皓喜さん。実名で取材に応じた=奈良県大和高田市で5月28日、日下部元美撮影

 全国最多の2593人が不妊手術を強いられた北海道を拠点に、旧優生保護法(1948~96年)をめぐる問題を取材している。高校時代に初めて強制不妊の問題を知った私は、法制度化されていたとはいえ、人権侵害の施策を推進した人たちに悩みや葛藤がなかったのか知りたかった。だが、開示された公文書や証言から見えてきたのは、日常業務としてこなす加害意識のない行政関係者たちの姿だった。そして障害のある人たちの訴えを聞くうち、気付かないふりをしてきた自分の中の優生思想も突きつけられた。

この記事は有料記事です。

残り1809文字(全文2044文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「桜を見る会」来年度は中止 官房長官が発表

  2. 「キャバクラの方」はどこの推薦か 「桜を見る会」野党ヒアリング詳報4

  3. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  4. 「桜を見る会」萩生田文科相、支援者の参加認める 推薦名簿の保存明らかに

  5. 軽量タイヤホイール 熱可塑性カーボンで従来の半分 赤磐の板金加工会社が開発 数年後の量産化へ /岡山

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです