連載

布施広の地球議

布施広専門編集委員が国際政治の真相に迫ります。

連載一覧

布施広の地球議

つらい鎮魂の季節

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 反核運動を続ける川崎哲(あきら)さんから新著をいただいた。「核兵器はなくせる」(岩波ジュニア新書)。ご承知のように、ノーベル平和賞を受けた核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)の主要メンバー(国際運営委員)である。

 国際会議などで時々お話しはしていたが、東大でペルシャ語のクラスをとり、1991年の湾岸戦争を「なんとか止められないか」と考えていたことは著書で初めて知った。

 その頃の東大は戦争に際して「学生たちの間で何か議論らしい議論が起きない。教授たちも、そういったことにほとんど触れ」なかったそうで、川崎さんは自分一人でも声を上げる大切さを痛感したようだ。

この記事は有料記事です。

残り706文字(全文987文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集