メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

丹羽元厚相「不明を恥じる」 強制不妊、要望届かず 「国、過ち認め謝罪を」

インタビューに応じる丹羽雄哉元厚相

 障害者らへの不妊手術を推進した旧優生保護法(1948~96年)を巡る国の対応について、元厚相の丹羽雄哉氏(74)が毎日新聞のインタビューに初めて応じた。

 同法が母体保護法に改正される前後に旧厚生省のトップを務めた丹羽氏は「(強制不妊手術などの実態を)知らなかった。不明を恥じている」と述べ、政府と国会に「過ちを率直に認め、まず謝罪すべきだ」と注文を付けた。

 丹羽氏は衆院で12回当選し、昨秋の衆院選に立候補せず引退。現在は大学の客員教授などを務めている。自…

この記事は有料記事です。

残り452文字(全文681文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

  2. 即位の礼 饗宴の儀、華やかに 皇后陛下ロングドレス 出席者も鮮やか民族衣装で

  3. 即位の礼 小ダイ姿焼き、フカヒレ茶わん蒸し、加薬飯、イセエビ吸い物…饗宴の儀、秋づくしの和食で

  4. タイ王室「国や王室に対する破壊行為」と非難 「高貴な配偶者」の称号剥奪

  5. 眞子さま28歳に 代替わりで公務増加

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです