メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

丹羽元厚相「不明を恥じる」 強制不妊、要望届かず 「国、過ち認め謝罪を」

インタビューに応じる丹羽雄哉元厚相

 障害者らへの不妊手術を推進した旧優生保護法(1948~96年)を巡る国の対応について、元厚相の丹羽雄哉氏(74)が毎日新聞のインタビューに初めて応じた。

 同法が母体保護法に改正される前後に旧厚生省のトップを務めた丹羽氏は「(強制不妊手術などの実態を)知らなかった。不明を恥じている」と述べ、政府と国会に「過ちを率直に認め、まず謝罪すべきだ」と注文を付けた。

 丹羽氏は衆院で12回当選し、昨秋の衆院選に立候補せず引退。現在は大学の客員教授などを務めている。自…

この記事は有料記事です。

残り452文字(全文681文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 富田林署逃走その夜、留置場の当番警官「スマホでアダルト番組も見てた」
  2. ペイペイ、「100億円あげちゃうキャンペーン」を13日で終了
  3. 浜松 市議がアダルト動画投稿 10万円利益 辞職願提出
  4. QRコード決済 ソフトバンク系ペイペイ、「奪首」へ100億円還元 競争激化
  5. ふたご座流星群、14日ピーク 夜半過ぎから好条件で観測

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです