メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・気象・防災

「スロースリップ」に注目 「海溝型」震源域近くで発生

 「ゆっくり地震」とも呼ばれる「スロースリップ」現象に近年、注目が集まっている。陸のプレート(岩板)と、その下に沈み込む海洋プレートの境界面がゆっくりとずれ動く現象で、巨大な海溝型地震を起こす場所の近くで発生することが多い。スロースリップによる地震が今年6月以降、千葉県で相次いだこともあり、専門家も今後の動向を注視している。

この記事は有料記事です。

残り1706文字(全文1869文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整
  2. 衆院議運委 麻生氏の発言を問題視 G20出張了承せず
  3. ORICON NEWS キムタク、“オフ”の長澤まさみの姿を暴露 本人赤面「天気が良かったから」
  4. 韓国 慰安婦財団の解散発表へ 日本の反発は必至
  5. 障害者 車いすでワイン試飲「拒否不当」 百貨店を提訴

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです